ビーグレンCセラム|乾燥肌・敏感肌の使い方

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液です。

ビタミンCに皮脂分泌を抑える働きがあるので、Cセラムを使うと肌が乾燥することがあります。

とくに、肌が乾燥しやすい乾燥肌・敏感肌の方は、Cセラムを使うと肌が乾燥することがあると思います。

もし、ビーグレンCセラムで肌が乾燥するときは、以下のようにCセラムを使ってみるのがおすすめです。

 

≪乾燥を感じるときのCセラムの使い方≫

  • 使用量を少なくする
  • Cセラムを使ったあとクリームで保湿をしっかりする

 

ビーグレンCセラムと乾燥肌・敏感肌関係

はじめにお話ししたように、ビーグレンCセラムにはビタミンCが入ってます。

ビタミンCには皮脂分泌を抑える作用があるので、乾燥肌・敏感肌の方がCセラムを使うと肌が乾燥することがあります。

ビーグレンCセラムの使い方に関して、ビーグレン公式サイトでは、以下のように説明してありました。

 

【ビーグレンCセラムの使い方】

  • 乾燥肌、敏感肌の方は、少量で様子を見ながらお試しください。
  • 肌に乾燥やツッパリ感を感じる時は、Cセラムの量を少なめにお使いいただくことをお薦めいたします。これはCセラムの主成分、ビタミンCがコラーゲンの生成を促し、肌の再生を促進する働きと同時に、過剰な皮脂分泌を抑える働きもあるためです。
    出典:ビーグレン公式サイト

 

ビーグレンCセラムを使って肌が乾燥するときは、使用量を少なくすることと、使用後にしっかりと保湿することが大事ということですね。

 

ビーグレンCセラムは、毛穴やニキビに口コミ評価が高い美容液です。

  • 毛穴やニキビにCセラムを使いたい…
  • だけど、肌が乾燥するか気になる…

このようにお悩みのときは、使用量を少なめにして、肌の様子を見ながら、ビーグレンCセラムをお試ししてみてください。

ちなみに、頬(ほほ)は乾燥肌だけど鼻はオイリー肌、という方もいると思います。

そのような方は、鼻にビーグレンCセラムを使うと、毛穴の開き・黒ずみ・テカリにとても効果が期待できると思います。

 

 

ビーグレンの乾燥肌対策

肌が乾燥すると、かゆみが出ることもありますね。

また、敏感肌の方は、花粉やほこりなど外部のアレルギー物質で、肌にかゆみが出ることもあると思いま

このように、かゆみがでて肌がかゆいときは、肌のバリア機能を整え潤いキープすることが大事です。

ビーグレンのラインナップには、保水力をキープする製品もあります。

 

【肌の潤いをキープするビーグレン】

クレイウォッシュ QuSomeローション クレイローション QuSomeモイスチャーリッチクリーム
・せっけんの泡が立たない洗顔料
・せっけんの泡で肌の潤いをおとすことがないので肌にやさしい
・クレイの力で毛穴の奥の汚れやニキビ菌までスッキリ
・17時間保湿により肌の潤いをしっかりキープ
・保湿力を高める成分をビーグレン独自技術で配合
・あとから使うCセラムの効果も高めます
・敏感肌・ニキビ肌用の化粧水
・肌荒れ防止成分で敏感になった肌をしっかりケア
・乾燥のないしっとりと潤う肌を目指します
・しっかりと潤いを閉じ込める成分配合
・Cセラムのあとの潤いケアに最適
・一日中潤いの続くみずみずしい肌を目指します

 

肌が乾燥したり敏感になって、かゆみが出るときは、肌のバリア機能を整えるために、肌をしっかりと保湿しましょう。

 

↓関連記事

ビーグレンCセラム塗る順番|朝・洗顔後・夜だけ・塗り方タイミング

ビーグレンCセラム店舗|販売店・ドラッグストア・薬局にある?

 

まとめ

ビーグレンCセラムと乾燥肌・敏感肌の関係を見てきました。

乾燥肌・敏感肌の方がビーグレンCセラムを使うと、肌が乾燥することがあります。

ですので、肌の乾燥が気になるときは、使用量を調整したり、保湿化粧品と併用する使い方がおすすめです。

 

ビーグレンCセラムは毛穴・ニキビ・くすみ・テカリなどを同時ケアしてくれるビタミンC美容液。

乾燥肌・敏感肌といっても、肌質は一人一人違います。

ビーグレンCセラムが自分の肌に合うか気になるときは、まずは、トライアルセットからCセラムをお試ししてみてはいかがでしょうか?

 

↓おすすめ記事

ビーグレンCセラムコスパ|持ちは何ヶ月