>>ビタミンC美容液<<

・Cセラムはニキビ毛穴くすみを同時ケア

ビーグレンCセラム成分|ビタミンC美容液

ビーグレンCセラム成分。

この記事ではビーグレンCセラムの全成分が分かる内容になっています。

ビーグレンCセラムの全成分が気になるときは参考にしてください。

 

 
≪Cセラムの入ったトライアルセット≫

≪ニキビケア≫

・クレイウォッシュに配合のクレイは毛穴のニキビ菌を吸着します
・繰り返す大人ニキビをしっかりケアしたい方におすすめ

ニキビケアトライアルセットはこちら

≪ニキビ跡ケア≫

・Cセラムがツルツルお肌に導きます。
・ニキビ跡の肌にお悩みの方におすすめ

ニキビ跡ケアトライアルセットはこちら

≪保湿ケア≫

・17時間保湿の化粧水は国際特許QuSome採用
・肌が乾燥してカサカサが良くならない方におすすめ。

保湿ケアトライアルセットはこちら

≪毛穴ケア≫

・Cセラムは毛穴にいいと口コミで高評価です。
・毛穴の開きや黒ずみが目立つ方におすすめ。

毛穴ケアトライアルセットはこちら

≪ホワイトケア≫

・夜用のホワイトクリーム1.9が入ったお試しセット。
・Cセラムもしっかりとお試しできます。

ホワイトケアトライアルセットはこちら

 

ビーグレンCセラムの全成分


Cセラム15g 5,170円

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液。

ですので、ビーグレンCセラムにはビタミンCが配合されています。

ビタミンCを含めビーグレンCセラムの全成分は以下のようになっています。

【ビーグレンCセラムの全成分】

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

ビーグレンCセラムには6種類の成分しか配合されてません。

ビーグレンCセラムはビタミンC美容液ですので、ビタミンCメインの美容液になります。

 

↓関連記事

ビーグレンCセラムコスパ|持ちは何ヶ月

ビーグレン Cセラムだけ|単品使い・単品購入

 

ビーグレンCセラムのビタミンCはピュアビタミンC

ビーグレンCセラムのビタミンCは「アスコルビン酸」というビタミンCです。

アスコルビン酸は「ビタミンCの種類の中でも美肌効果が高いといわれるビタミンC」でピュアビタミンCとも呼ばれている成分です。

ピュアビタミンCは化粧品に配合するのが難しい成分といわれています。

しかし、ビーグレンは独自技術QuSome🄬でピュアビタミンCを化粧品に配合しました。

※ビーグレンの浸透技術QuSome🄬は国際特許を取得している技術です

ピュアビタミンCについてビーグレンは以下のように説明しています。

【CセラムのピュアビタミンCについて】

即効性のある成分として、ビーグレンが厳選した「ピュアビタミンC*」はスキンケアに欠かしたくないものの化粧品への配合が難しい成分です。
しかし、ビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome®」で包み込み、成分を安定させ、角質層のすみずみへ届けて滞留させることで、効果を持続させることが可能になりました。
*整肌成分
出典:https://www.bglen.net/products/detail/CS1

ビーグレンCセラムがビタミンC美容液として人気なのは、ピュアビタミンCがしっかりと配合されてるからなのでしょうね。

ビーグレンCセラム塗る順番|朝・洗顔後・夜だけ・塗り方タイミング

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いが気になる方もおれれると思います。

詳しいことまでは説明できませんが、「ビタミンC誘導体はビタミンCを加工した成分」になります。

ビタミンCをビタミンC誘導体に加工することによって、ビタミンCの成分を安定させたり浸透力を高めたりできるそうですよ。

ビタミンC誘導体は体内に浸透すると酵素反応でビタミンCに変化し、ビタミンCと同じ働きをするそうです。

最近は、ビタミンC誘導体配合の化粧品も増えてきましたね。

ビーグレンのラインナップでビタミンC誘導体が入ってる化粧品は、化粧水のQuSomeローションになります。

ビーグレンCセラムはピュアビタミンC配合が配合されてます。

QuSomeの浸透技術につつまれたピュアビタミンCは、角層の奥まで安定して浸透します

 

↓関連記事

ビーグレンCセラム店舗|販売店・ドラッグストア・薬局にある?

 

ビーグレンCセラムの酸化・変色対策

ビーグレンCセラムは成分がとてもデリケートな美容液です。

ですので、ビーグレンCセラムの容器は「成分が酸素で酸化しないような容器」が採用されています。

【ビーグレンCセラムの容器の仕組み】

  • アルミバリアチューブ
  • エアレスノズル

アルミバリアチューブは、密閉性・遮光性が高い容器で成分の酸化・劣化・変色を防ぎます。

エアレスノズルは、空気や雑菌の侵入を防ぐノズルのことで、容器の中の成分を酸化・劣化・変色から守ります。

ビーグレンは、Cセラムの容器にアルミチューブバリア・エアレスノズルを採用することにより、Cセラムの成分を酸化・劣化・変色からしっかりと守っています。

 

ビーグレンCセラムの使用期限・濃度

化粧品の未開封の品質保持期限は3年です。

ですので、ビーグレンCセラムの使用期限は、未開封の状態で3年になります。

開封後は、なるべく早く、使用目安日数くらいで使い切るのが良いのではないかと思います。

ビーグレンCセラムのビタミンCの濃度は7.5%の濃度になっています。

ビーグレンCセラム|乾燥肌・敏感肌の使い方

 

まとめ

ビーグレンCセラムの全成分やピュアビタミンCの特徴についてみてきました。

ビーグレンCセラムは、ピュアビタミンCがメインで配合されているビタミンC美容液です。

ビタミンC美容液にはいろいろな製品がありますね。

ビタミンC美容液が気になるときは、まずは、大人気のビーグレンCセラムからお試ししてみてはいかがでしょうか?

ビーグレンCセラムは国際特許の浸透技術QuSomeでビタミンCを角層の奥そこまでしっかりと届けます。

 

↓関連記事

ビーグレンCセラム毛穴|口コミレビュー・評価感想|ニキビ・効果