ニキビにいい成分とは|ビタミンC・ビタミンB

ニキビケアではニキビ用の化粧品を使うのがおすすめです。

なぜ、ニキビケアにニキビ用の化粧品を使うのがいいかというと、ニキビケア化粧品にはニキビにいい成分が入ってるからです。

一般的にニキビにいい成分は次の成分といわれてます。

ニキビにいい成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • サリチル酸
  • ビタミンC

グリチルリチン酸ジカリウムは多くのニキビケア化粧品に配合されてる成分です。グリチルリチン酸ジカリウムは医薬部外品の有効成分として炎症を抑える作用があります。

ニキビができると毛穴が炎症します。ニキビによる炎症を抑えるのに、抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムが有効なのでしょうね。

ちなみに、グリチルリチン酸ジカリウムは甘草という植物の根から抽出される成分です。

サリチル酸もニキビケア化粧品に良く配合されてる成分です。サリチル酸も医薬部外品の有効成分です。サリチル酸にはニキビ菌を殺菌する作用があります。

ニキビは毛穴にニキビ菌が繁殖するためにおきます。なので、ニキビケアではニキビ菌が毛穴に繁殖するのを防ぐ必要がありますが、毛穴に繁殖したニキビ菌を殺菌する必要もあります。このときに活躍するのがサリチル酸です。

ビタミンCもニキビケアにおすすめの成分です。ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌。ビタミンCには皮脂分泌を抑制する作用があるので、ニキビケアにいいといわれてます。

ニキビが気になるときはニキビ用の化粧品を使ってニキビをケアしていきましょう。